こてつ健康ブログ

ブログ

交通事故の症状は後から出てくる?その6

ブログ
2019年07月25日

スポーツ外傷、むちうちや交通事故による怪我にもしっかり対応の所沢市のこてつ整骨院です。
いつもブログを見ていただいてありがとうございます。

最後に
いかがでしたか。
交通事故は、誰がいつ巻き込まれてもおかしくありません。
場合によっては加害者になることもあるかと思います。

仮に加害者でも、被害者でも、交通事故での影響は決して軽くはありません。
先にも話したように。私のように衝撃自体は軽くても、痺れや痛みが続いてしまうこともあります。
後に残さないためにも、きちんと状態の把握をし、治療をしてください。
また、加害者にも被害者にもならないようにぜひ安全運転を心がけて下さいね。

さて、次回からは何について書きましょうか?

交通事故の症状は後から出てくる?その5

ブログ
2019年07月22日

スポーツ外傷、むちうちや交通事故による怪我にもしっかり対応の所沢市のこてつ整骨院です。
いつもブログを見ていただいてありがとうございます。

交通事故の治療はしっかり行う
交通事故の程度や、先程にも挙げた姿勢などにより、出てくる症状は人それぞれです。
強く痛めてしまうこともあれば、軽度で済む場合もあるかと思います。
しかし、例え違和感が少しある程度の軽症でも、治療はきちんと行うようにして下さい。

できることなら違和感すら残さないようにしていくのが理想的です。
交通事故後の症状は、ご自分で感じているよりも大きいなんてことも少なくありません。
大丈夫だろうときちんと治療をしなかったせいで、数年後にまた痛みが出てしまっても大変ですよね。

交通事故の症状は後から出てくる?その4

ブログ
2019年07月18日

スポーツ外傷、むちうちや交通事故による怪我にもしっかり対応の所沢市のこてつ整骨院です。
いつもブログを見ていただいてありがとうございます。

実は姿勢も関係する?!
想像してみてください。
まっすぐ前を見てるときに後ろからぶつかられるのと、隣の人と話すため横を向いているときに後ろからぶつかられるのとではどう変わると思いますか。
首のむち打ちでも後者の方が一ヵ所にかかる負担が大きく重症化しやすいです。
足を組んでいるか、組んでいないかでも違ってきますよね。
それと同じように、姿勢が良い人と悪い人だと悪い人の方が重症化しやすくなってしまいます。

例えば、背中が丸まっている姿勢の場合、背骨の動きが悪くなっていることがとても多くあります。
その状態で後ろから衝突されたとしましょう。
背骨の動きが悪いために、背中で受け止められるはずの衝撃が首にまでかかってしまいます。
また、背中が丸まり筋肉がガチガチに固まってしまっていると、ただでさえ硬い筋肉が衝撃を受けたことでもっと硬くなってしまうなんてことや捻ったように痛めてしまうこともあります。

次ページへ »« 前ページへ